Japan Racing Sidecar Association

JRSA GENERAL INFOMATION

日本レーシングサイドカー協会(JRSA)

JRSA/日本レーシングサイドカー協会(Japan Racing Sidecar Association)は、日本の新たなレーシングサイドカー組織として2001年の8月発足いたしました。JRSAは、これまでフルスケールサイズサイドカーにより活動を行ってきたJRSU(Japan Racing Sidecar Union)と、F4ミニサイドカー競技団体であるRKA(Racing Kneeler Association)が統合したものです。JRSUは日本で過去30年余りの歴史を持っているレーシングサイドカー団体でありましたが、これからのF4クラスを含んだサイドカーレース及び選手の活性化させる目的で統合されました。
JRSAは、サイドカーモータスポーツを通じてモータスポーツ界及び社会に貢献し、且つ健全な人間育成を推進す ることを目的としています。

History of Japan Racing Sidecar Association (JRSA) 


The purpose of the JRSA is to contribute to the motor sporting world and the society through 
the development of racing sidecar motor sports and by promoting a sound human training.

Formed in August, 2001, the JRSA unites the ”Japan Racing Sidecar Union” (JRSU), supporting and promoting full-scale sidecar racing in Japan, and the ”Racing Kneeler Association” (RKA), dedicated to mini kneeler sidecar racing. 
The JRSU has a history of more than 30 years and previously firmed as racing sidecar section of the ”Japan Sidecar Community” (JSC), inaugurated in 1968. The JSC became member of the British ”Federation of Sidecar Clubs” (FOSC) in 1973 in an effort to support international exchange among the members. The RKA was founded in 1997, with the purpose to promote, support and control 80cc mini-sidecar races in Japan. The first F4 sidecar racing championship was inaugurated in 1997.

組織概要

組織名 日本レーシングサイドカー協会 (英語表記 Japan Racing Sidecar Association.)
設立 2001年8月
会長 飯島 透
電話番号 048-530-5256
メールアドレス info@jrsa-sidecar.com